収支の内訳

30代の生活費・内訳|ストレスで予定外の支出が多かった2019年2月

 

こんにちは。
アラサー女子のももです!

これから毎月の生活費とその内訳について記録していこうと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、わが家は30代の子なし共働き夫婦。

生活費はわたしが7万円、夫が22万円を生活費としてそれぞれ出して、その費用から住居費や水道代、電気代などの費用、旅行代などの共通の娯楽費などを賄っています。
なお、残った分は貯金に回しています。

なお給与から共通の生活費をのぞいた費用はそれぞれが管理している感じです。

30代のアラサー女子の給与

今月の会社員としての収入は、社会保険等を引いて手取りで190,911円でした。

それから、副業の収入が4,000円ほど。
前職を生かした美容系の副収入と、ネット関連の副収入がそれぞれ2千円です。

(ネット関連の方は実際に入金されるのはまだなので入金された時にカウントすることとします。)

30代の生活費・内訳は?

2019年4月の支出は以下の通りです。

2月は体調を崩してしまったり、ストレスから外食やコンビニで不要なお菓子を買ってしまったりと支出が増えてしまいました。

また予期せぬ出費も発生ありました。
ドライヤーが故障してしまい、悩んだ挙句に奮発してダイソンのドライヤーを買うことになったため、定期預金に回す額が少なくなってしまいました。

支出 内訳 金額
共通の生活費 固定 70,000円
定期預金 固定 43,576円
スマホ利用料 DMMの格安SIM 2,064円
美容費 ダイソンドライヤー:3,8735円、雑貨類:2,460円 41,195円
書籍代・趣味 等 13,456円
交通費 スイカオートチャージ 3,000円
外食・コンビニ等 ランチ代、コンビニのお菓子・コーヒーなど 17,620円 
残金 0円

反省点

毎月8万円を定期預金に入れているのですが今月は支出が多くわずか4万3千円しか貯蓄に回すことができかなったため、来月のお給料はボーナスで調整したいと思います。

化粧品は使っているものが余っているため今月は特に掛かっていません。
また美容室代についても髪を伸ばしているため、今月は必要ありませんでした。

会社員なのですが、飲み会は数年に1回あるか・ないかくらいの頻度なので、飲み会代が必要ないのは助かっています。

 

来月はもう少し貯金に回せるように、ぼちぼちがんばろう!